FC2ブログ
先週末、仙台のバレエスタジオで行われたバロックダンスの演奏会が無事に終わりました
ご来場頂きました方々に心より感謝申し上げます

danse baroque

演奏会の内容は、半分がダンサーの樋口先生のお話
とーってもわかりやすくて、更に話し方もゆっくりで聞き取りやすくて、とても勉強になりました
印象に残ったのは、ローブ・ア・ラ・ポロネーズ robe à la polonaise の話。
ポーランド貴族風のドレスを指すと思いきや、実は全然違うとのこと。
紐でドレスの後ろの方をたくしあげて、おしりの辺りに3つの膨らみが作られるスタイルのドレスなのですが、
なんと当時、3つに分割(プロイセン・オーストリア・ロシア)されていたポーランドからとっただけで、お国そのものとは何も関係ないそうです
なんか、ちょっとひどいネーミングな気がするのは私だけ

ちなみに、この写真の先生のドレスのスタイル名、忘れました…
ローブ・ア・ラ・フランセーズ だったか、シルカシエンヌ だったか・・・

演奏の方は、情熱的なパンドルフォ風に!と意識したところで、巨匠に近づくなんて100年早いかもしれませんが、
でも、明らかにこれまでとは違う感触で弾くことができた気がします
ダンスのステップが入ると、こちらのテンションも上がって、自然と生き生き飛び跳ねた感じが出てくる、というか。

今度は久しぶりに踊りも体験したいな~

樋口先生と玲子さん、またスタッフの皆様、素敵な機会を下さってありがとうございました
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ttakako.blog83.fc2.com/tb.php/307-170d4c74